So-net無料ブログ作成
検索選択

たわいもないこと [拘り]

みなさんはいつも決まって行う行為などはありませんか?
他人が見たらたわいもないことなんですが…

ジンクス1.JPG
通勤途中の道です。
まず後方から車が来ていないか確認をして、左右のカーブミラーで車や歩行者がいないか(この間一瞬ですよ…2秒以内が原則)確認した後に素早く右に体重を移動させながらハンドルを切ります。
するとやつが現れるんですな。

ジンクス2.JPG
このマンホールの大小のど真ん中をすーっと通りたい。
ハンドルを切る角度とその日の速度の違いによって微妙に毎日違うんですな。
マンホールにタイヤがかかったら アウトです。
まだまだ勉強が足りませんな…。

ジンクス3.JPG
お次ぎは白線またぎです。

ジンクス4.JPG
なぜかこのラインの間を通らないと1日が始まりません。
向こうから車がくると、頑固にスタンディングなんぞして車が通り過ぎるのを待ちます。
知らぬ他人が見たらだいぶんおかしい光景でしょうな。
なにしとん このおっさんって思われていることでしょう。

岸壁.JPG
b.b.さんとの約束の?防波堤の練習はここで
右にバランスを崩すと川にはまりますよ。
何回か危ない目に遭いました。
まだまだ修行が必要ですな。

相棒2 [拘り]

昨日の続きになりますが。
オイルを塗って一晩置くとこうなります。
875.jpg
おや、ものすごくきれいになったような…

もう一晩置くとこうなります。
8875.JPG
おやおや、ちょっと色に深みが増したような…

冗談はこれくらいにしておきまして
二足.JPG
左は8875でオロラセットレザー、右は875でオロイジナルレザー。
革の鞣し方が微妙に違うんですな。
左は固めで、右は柔らかめという感じです。
皮の色が犬の種類のアイリッシュセッターの毛色を思わせる色に変化するので、
そう呼ばれております。

新旧.JPG
新旧の875そろい踏みです。
旧はナカナカ味が出てきましたね。

三足.JPG
セッタ3兄弟です。
一生ものと紹介しましたが、この3足を履きこむには
3生かかりますなぁー。
というより、同じ靴を3足も持つかーと言う声が聞こえてきましたよ。
おっさんの拘りでございました。



相棒 [拘り]

上.JPG
相棒とは言ってもただのヨレて薄汚れた靴なんですが…
ちょっと大袈裟ですが一生ものです

P1080904.JPG
15年程履き込んでいるRed Wing875です。

875旧.JPG
雨の日も風の日もへこたれないタフなやつです。
富士山の剣が峰に行ったこともありますよ。

後ろ.JPG
性格が出るのか踵の減りが尋常ではないですな

裏.JPG
靴底はペダルのピンの跡がくっきりと残っております。
ペダルとのグリッブ感が安定してとても良いですな。

ソールはトラクショントレッドソール Traction Tred Sole
クレープソールやホワイトソールとも呼ばれています。
グットイヤーウェルト製法によって、縫い付けられているので
何回でもソールを張り替えることができます。
ちなみに以前一度張り替えました。
近いうちにもう一度…。

表面の埃をブラシで払い、オイルを塗って一晩置きます。
手間は掛かりますが、こういったメンテがまた楽しいですな。
(続く)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。