So-net無料ブログ作成
検索選択

悲しいかな [R32]

会社の後輩が悲しいお知らせを…
P1060273.JPG

続きはこちらです


Mt.ROKKO 2 [R32]

私は六甲山のふもと(御影)で幼少期を過ごしました。
そのせいもあって、この山には特別な思い出があります。

初めて自転車で上ったのは、中学2年生の秋です。
紅葉がとてもきれいでしたね。
ブリジストンのユーラシアというランドナーでした。

高校生になり、ロードの味を覚えた頃には、
山頂で新年のご来光を拝むのが定番となり、
仲間と夜中に姫路を抜け出して、夜の2号線をひた走ります。
六甲ケーブルの下から表六甲ドライブウェイ経由で丁字が辻まで行き、
そこから六甲ケーブル駅横の展望台に行っておりました。

途中坂道をヒイヒイ上っておりますと、
山頂まで渋滞中の車の人たちが寒いのにわざわざ車の窓を開けて、
「兄ちゃんガンバレーよ」とよく声をかけて下さりました。
そのかけ声を聞くたびに勇気と元気が出てきましたよ。
今となっては良い時代です。

ご来光が出てくるまでの薄暗い神戸の夜景は
今でも忘れられない私の思い出となっています。
ちょっと大げさですが。

帰路は六甲山牧場を抜けて鈴蘭台まで下り、
そこから神戸駅までは一直線。
クランクを漕がなくてよいので、
下りは楽ちんでしたね。
今では信じられませんが、
冬用のグローブなんて小じゃれたものはないので、
軍手の重ね履きです。
寒さ対策のためスーパーのビニール袋を靴の上から履いて
寒さを凌いでおりました。

当時輪行なるものが流行っておりまして、
国鉄神戸駅からは、
運賃の別に手荷物料金200円を駅員に支払い、
輪行袋にタグをくくり付けて帰路に…。


m(__)m  これから後は自転車ネタではありません。

何時の日か時は過ぎ、就職をし免許を取ると案の定
車にハマってしまいました。
TOYOTAのカローラレビン AE-86という車を駆って
いつも土曜日の晩は六甲に…。

その時代に日産から伝説の車が16年ぶりに復活しました。
テール.JPG

2568ccの直列6気筒4バルブDOHCエンジン
ターボチャージャーを2基装備した(RB26DETT型)を搭載。
エンジンルーム.JPG
きのこ.JPG
大きなキノコが2つ

去年の暮れに私がかわいがっている会社の後輩が、
「Fuelさん車買ったんすよ。」
「何買ったん?」と軽い調子で私。
後輩 「R32です。」Fuelさんに一番に報告したくて…今度是非乗ってみてほしいんです。
私 「えっー。」

若い頃高嶺の花だったR32に乗る機会がありました。
それも思い出が沢山詰まった六甲山で…。

R32.JPG
この車はグループAホモロゲーションモデルで、タービンをセラミック製から耐久性の高いメタル製に変更、ダクト付きフロントバンパー(通称ニスモダクト)、フードスポイラー、リアワイパーレス等の変更を加えた「GT-R NISMO」(限定500台)になります。
モデルコードはKBNR32RXFSL-RA。

下り1.JPG
H&T.JPG
強化クラッチが入っているので、左足がプルプル震えます。
H&Tとダブルクラッチで凌ぎます。
エンストは坂道発進の1度だけでしたよ。

P1070031.JPG
MT車に乗るのは、19年ぶりでしたが体は覚えているものですね。
直6のふけの良いエンジンとウェイストゲートの過給圧解放音
全然ロールしないコーナーリング
バシッと決まるシフトチェンジ何もかも最高でした。
このくそ寒いのに窓は全開
眠っていた何かがはじけました。

R34.JPG
第二神明では、R34を追っかけましたよ。

おっさん.JPG
後輩、貴重な体験をありがとう。
おっさんは、感動と興奮でしばらく寝付けませんでしたよ。

Mt.ROKKO [R32]

今日は六甲山へ行ってきましたよ。
山頂.JPG

六甲山に登るルートは
国道428号(有馬街道)で神戸駅から鈴蘭台経由で行くコース。
ビーナスブリッジから再度山経由で行くコース。
六甲ケーブル下から表六甲ドライブウェイ経由で行くコース。
芦屋から夙川を経由するコース。
裏六甲ドライブウェイを経由するコース。
になります。
今回は芦屋から夙川沿いに登る東コースに決定です。

標識.JPG
めざすは芦屋です

ラーメン.JPG
昼食は灘区の博多ラーメンげんこつでガッツリと

夙川.JPG
夙川から六甲山系を望む

道の真ん中の石.JPG
道のど真ん中に大きな岩を発見。
もしかしてこの大きな岩はどかそうと工事したら、
祟りがあるやつか?

夙川高校前.JPG
山道.JPG
もくもくと山道を登ります

雪道.JPG
路肩.JPG
日陰では雪が積もっております

芦有道路.JPG
山道2.JPG
山頂のレーダー.JPG
山頂のレーダー群

P1070021.JPG
眼下には壮大な景色が…心が洗われますなぁ

アイス.JPG
寒い中で食すアイスもなかなかオツですなぁ

オブジェ.JPG
帰りは可愛いオブジェがお見送りです

今回は何かいつもと違いませんか?
続く

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。